ファミマとユニーが経営統合基本合意!ユニーの株主優待はどうなるか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファミマとユニーが経営統合基本合意!ユニーの株主優待はどうなるか!?

コンビニエンスストア大手のファミリーマートとサークルKサンクスを傘下にもつユニーグループ・ホールディングスが、来年9月に経営統合することで基本合意したと発表しました。

来年9月予定の経営統合では、ファミリーマートがユニーグループを吸収合併し、その傘下にコンビニエンスストアの事業会社をかまえる。コンビニエンスストア事業のブランドを一本化し「ファミリーマート」にする方針のようです。

ファミリーマート、ユニーの株式はどうなる?

ファミリーマートを存続会社とし、ユニーグループ・ホールディングスは2016年8月29日をもって上場廃止となります。ユニーグループ・ホールディングス株1株に対し、ファミリーマート株0.138株を割り当てとなります。

株主優待はどうなる?

ユニーグループ・ホールディングスには2月末に自社グループ商品券がありますが、ファミリーマートがユニーグループを吸収合併とのことなので、ユニーグループの株主優待は引き継がれることなく消滅する可能性が高いです。

コンビニのポイントカードはどうなる?

現状はファミリーマートは「Tポイント」、サークルKサンクスは「楽天スーパーポイント」です。経営統合後は存続ブランドがファミリーマートになり、各ポイントの普及度を勘案すると「Tポイント」に決まることが予想されます。

拙者のコメント

拙者的には今回の統合は嬉しい。なぜなら、サークルKサンクスには魅力がないからです。今後サークルKサンクスがファミリーマートになれば、きっと魅力が増すと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク