【基本合意】出光と昭シェル、来年10月にも合併!統合効果500億円!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sekiyu

スポンサーリンク

【基本合意】出光と昭シェル、来年10月にも合併!統合効果500億円!

 石油元売り国内2位の出光興産と同5位の昭和シェル石油は12日、経営統合に関する基本合意書を締結したと発表した。2016年10月~17年4月に両社が合併し、新会社を発足させる。製品供給や物流の効率化を進め、合併5年後に500億円の収益の改善効果を見込む。両社の給油所は、それぞれのブランドを一定期間併存させた後、新ブランドで統一することも検討する。
統合は「対等の精神」で行うとし、新会社の代表取締役と業務執行取締役は、両社から同数の候補者を選ぶ。合併比率は未定。
両社が全国で計7カ所保有する製油所は「立地面から相互補完できる」(出光の丹生谷晋取締役)ため、統廃合しない。統合の形式を合併としたのは意思決定の迅速化が狙いで、統合後は早期に新たな場所に本社を置く。(時事通信)

両社の発表情報(PDF)

昭和シェル石油株式会社と出光興産株式会社の経営統合に関する基本合意書締結のお知らせ(PDFファイル):出光興産

昭和シェル石油株式会社と出光興産株式会社の経営統合に関する基本合意書締結のお知らせ:昭和シェル石油

合併後の予想

価格予想

まず、大手同士の価格競争が減って、価格の上昇がありうるだろう。これに関しては非常に困ったもんだ。せっかく、最近は原油価格が安くて嬉しい状況なのにな。逆に安くなるということはないように感じる。

合併後の社名予想

だが、そもそも昭和シェルは合併してできた会社(昭和石油とシェル石油)であるが、さらに合併することにより、「出光昭和シェル石油」となるかもしれない。一応、規模の大きい出光を頭文字にしておいた。

石油元売り業界の順位

売上高比では、出光×昭和シェル石油の合併会社は約7・6兆円となる。対して、現在の1位であるJXホールディングスは約10・9兆円となっている。よって、JXホールディングスが現在のまま1位なのは変わらない。2強時代に突入し、石油元売り業界の再編となりそうだ。

ポイントカード

Pontaポイントと楽天ポイント、どちらになるかわからない。ポイントというのは顧客囲い込みで有利になるため、慎重に検討すべき。合併前のポイント環境が合併後に有利になる事例は少ない。

スポンサーリンク