郵政初値速報!大手初値予想は大外れ、嬉しい誤算!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

郵政初値速報!大手初値予想は大外れ、嬉しい誤算!

郵政3社の初値が決定し、初値は大手初値予想サイトを大きく上回る高い値段で決まった。

 4日、東証1部に新規上場したゆうちょ銀行<7182>が公開価格1450円を15.9%上回る1680円(16年3月期予想PER19.7倍)で初値を付けた。

郵便局ネットワークなどで基本的な金融サービスを提供。信用力の高い金融機関として高い評価を得ている。公開株式数は4億1244万2300株。

提供:モーニングスター社

4日、東証1部に新規上場した日本郵政<6178>が公開価格1400円を16.5%上回る1631円(16年3月期予想PER19.1倍)で初値を付けた。

郵便局を中心に銀行や生命保険などの事業会社を傘下に置くグループの本丸。売却益が復興財源に充てられる国策案件で、信用力の高さや配当利回りが注目を集めている。公開株式数は4億9500万株。

提供:モーニングスター社

4日、東証1部に新規上場した、かんぽ生命保険<7181>が公開価格2200円を33.1%上回る2929円(16年3月期予想PER20.9倍)で初値を付けた。

日本郵政傘下で生命保険業を営む。日本郵政グループ3案件の中で市場からの吸収金額が少なく、配当利回りも高い案件だった。公開株式数は4億9500万株。

提供:モーニングスター社

郵政3社の初値は、ゆうちょ銀行で1,680円、日本郵政で1,631円、かんぽ生命保険で2,929円となりました。大手初値予想サイトや証券紙などの初値予想は大外れ、予想よりもっと高い価格にて初値がつきました。これは大歓迎、嬉しい誤算でしたね!

どれも好発進となり、今後の日本の経済も楽しみな結果となりました。公募で確保された方、初値で売却した方も長期保有の方も嬉しい結果となったと思います。

今回の郵政3社の上場で大きく利益を上げられた方も多いでしょう。もしかすると旅行などに行かれる方も多いのでは? 旅行関連の銘柄も少し見ておくといいかもしれません。

拙者はすべて数量ではありますが当選しています。この銘柄は財産として長期保有する予定です。

野村證券でゆうちょ銀行の株が当選しましたが、よく使うカブドットコム証券へ移管しようと思います。

yusei

移管は本日より受付可能とのことです。たとえば、移管して信用取引の代用有価証券にすると資金効率も良くなると思います。

スポンサーリンク