【郵政関連銘柄】デジタルポスト関連が強い、上場接近で株が再燃か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

【郵政関連銘柄】デジタルポスト関連が強い、上場接近で株が再燃か

拙者の以前の記事でもお伝え済みであるが、郵政上場をにらんで郵政関連銘柄が活況になりそうだ。

●以前の記事

【最新】郵政関連銘柄、上場接近で株が再燃の可能性も
郵政3社上場が早くも2週間を切りました。最近の郵政関連銘柄は材料出尽くしで落ち着いていますが、今後メディア等で郵政3社の上場について取り上げ...

エイジアがデジタルポストと業務提携

いきなり飛び込んできた新たなデジタルポスト関連銘柄。

ネットから手紙が送れるWebサービス「Digital POST」を提供するデジタルポストと協業し、双方が提供するシステムを連動させたDM配送サービスを共同開発すると発表。「WEBCAS」シリーズのメール配信システム「WEBCAS e-mail」で管理する会員顧客リストに対して、条件に合致する会員を抽出し、デジタルポストが提供するDM作成・印刷・配送を一貫して行えるシステムでDM配送が行えるようになる。

このIRでいきなりストップ高。投資家の心理は郵政関連銘柄に動いているよう。

フライトはラクーンと業務提携

こちらもストップ高。今回のIRはデジタルポストとは関係ないようだが、急騰は他のデジタルポスト関連銘柄の刺激になりうる。

ソフトフロントも急騰した

おそらくこの銘柄は他のデジタルポスト銘柄に刺激されたようだ。

スポンサーリンク