【ANA 株主優待】使い方が変わったみたいなのでメモしておく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


拙者はANAが好きで長期ホールドしているので、ANAの株主優待を毎年もらっています。やっと旅行の機会があり、利用しようと思ったら今回から使い方が変わっていた。いろいろな点で変わっていたので、変更点をお伝えする。

① 株主優待券の名称、仕様、サイズが変わった

(名称)
旧:株主特別優待券

新:株主優待番号ご案内書

(仕様)
新券にはスクラッチがついており、パスワードやコードが追加されている。

(サイズ)
若干、小さくなりキャッシュカードやクレジットカードくらいのサイズになった。

② ネット予約で直接「株主優待運賃」を指定できる

これ、すごく楽になった。わかりやすいし手間が省けました。以前だと、いったん普通運賃で予約して株主優待割引を適用させる必要がありました。そのかわり、予約する前に株主優待コード等を登録が必要です。オークション等で株主優待券を購入して、予約したい場合はやや注意が必要かもしれません。

③ 搭乗日の利用株主優待券の回収が不要

以前の株主優待券では回収が必要でしたが、今回の株主優待券からは回収不要になりました。回収不要になる利点として「らくらくスキップ」が使えるようになります。

④ 実は改悪点もあった

いままでは改善点ばかりをお伝えしましたが、改悪点もあります。それは、繁忙期に限り座席数に上限が設けられるということです。もしかすると、使いたいときに使えないということもあるかもしれません。上限などはANAが決めることなどで、どこまで制限されるのかわかりません。できる限り、早めに予約する必要がありそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク