【拙者の押し目買い】大倉工業(4221)上方修正発表から売りに押された今を狙う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

スポンサーリンク

【拙者の押し目買い】とは…

好業績や高い配当利回り・優待利回りの銘柄を中心に押し目買いのチャンスがあれば、ご紹介する記事となっている。

また、拙者自らも基本的には購入しており、一応入念にリサーチしている。みなさまの投資の参考にしていただければ幸いである。

【拙者の押し目買い】今回は大倉工業(4221)に注目

17年12月期通期の連結経常利益を上方修正

7月28日に17年12月期通期の連結経常利益を従来予想の39億円から51億円(前期比9.6%増)に上方修正している。当初の減益予想から一転して増益への上方修正となっている。

修正の理由

細やかな拡販に努めた結果、全ての事業セグメントにおいて当初計画した販売数量を上回り、増収となる見込み。利益面では増収による影響に加えてコスト削減にも努めたこと、また新規材料事業において新工場の生産性が大幅に改善されたことなどによるもの。

株価の推移

7月28日に上方修正を発表後、高値圏にて高値を更新し、728円をつけてから652円まで売りに押されている状況となっている。8月7日時点の株価は678円となっており、再度高値を目指す調整は整っているようにも思える格好。

上を目指せる材料

過去の傾向から会社計画は非常に保守的。さらなる上方修正の可能性も高い。また、PERやPBRといった指標においても割安感を十分に残している。

スポンサーリンク