【スマホアプリ好発進】グリー(3632)の子会社の新作アプリにも期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


© GREE

スポンサーリンク

【スマホアプリ好発進】グリー(3632)の子会社の新作アプリにも期待

グリー(3632)の株価は今期業績予想の下方修正もあって一時下落中であるが、子会社Wright Flyer Studios(ライトフライヤースタジオ)の新作アプリである6月配信の『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』(通称:ダンまち)が好調なスタートとなっているので期待したいところ。

ダンまちは6月末時点でダウンロード数が100万を超えており、現在ではさらに増加していると予測する。シリーズ累計800万部を突破したアニメ作品を題材となっているゲームアプリであるのも好調の要因となっている。

danmemo_100

課金においても好調のようで4月に配信している『アナザーエデン』よりも高い水準で推移していると予想する。

Wright Flyer Studiosとは…

Wright Flyer Studios(ライトフライヤースタジオ)はグリーが新設したスマートフォン向けアプリ開発を行う、グリーの子会社となっている。

Wright Flyer Studiosの人気作品

『消滅都市』や『アナザーエデン』などの人気作品をはじめ、すでに多数のアプリを配信している。

スポンサーリンク